2016/06 近藤准教授の招待論文がacceptされました。 論文タイトルは「A Derivation of Aharonov-Casher Phase and Another Adiabatic Approximation for Pure Gauge under General Rashba Effects」でSPINに掲載予定です。                                  
2016/03 工学部の植村先生のGpと近藤准教授の共同研究論文が出版されました。 論文タイトルは「Transient analysis of oblique Hanle signals observed in GaAs」で JJAPに掲載されます。                             
2015/12 近藤准教授の論文がNew Journal of Physicsでonline出版されました。 論文タイトルは「Spin filter effects in an Aharonov Bohm ring
with double quantum dots under general Rashba spin-orbit interactions」です。
2015/11 近藤准教授の論文がNew Journal of Physicsにacceptされました。
2015/09 近藤准教授が応用物理学会と日本物理学会で研究発表を行いました。
2015/07 近藤准教授が、スペインのバルセロナで開催された2015年ICM(20th International Conference on Magnetism) で研究発表を行いました。
2015/01 近藤准教授の論文「Validity of the Free Electron Model for Two-Dimensional Electrodes」がMRSにacceptされました。
2014/12 近藤准教授が、アメリカのボストンで開催された2014年 MRS(Material Research Society) Fall meetingで研究発表を行いました。
2014/09 研究室の学生、坂下君、谷口君の両名が2014年秋の応用物理学会で発表を行いました。
2014/09 近藤准教授が2014年秋の日本物理学会で発表を行いました。
講演タイトル:「障壁を介したトポロジカル絶縁体から半導体へのスピン注入」
2014/06 近藤准教授がScientific Reports (Nature Publishing Group) のEditorial Board Memberになりました。
2014/03 石橋教授が春の応用物理学会で、太陽電池の発表を行いました。
2014/03 近藤准教授の論文がJournal of Applied Physicsに掲載されました。 論文タイトル「Spin transport in normal metal/insulator/topological insulator coupled to ferromagnetic insulator structures」。
2013/11 近藤准教授がアメリカのDenverで開催された58th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materialsで研究発表を行いました。