2017/06 M1の伊藤 蓮君が、福岡国際会議場で開催された国際会議「SpinTECH IX」 で、近藤准教授との共同研究を発表しました。 発表タイトルは「Topological Spin Currents in Graphene Nanoribbons」です。                                  
2017/03 B4の伊藤 蓮君が「第64回応用物理学会春季学術講演会(パシフィコ横浜)」 で、近藤准教授との共同研究を発表しました。 発表タイトルは「グラフェンナノリボンと量子スピンホール相」です。                                  
2016/12 B4の伊藤 蓮君が、「PAPSP21 in 北大」で、近藤准教授との共同研究を発表しました。 発表タイトルは「A Revisit of Quantum Spin Hall Effects in Graphene Nanoribbons」です。                                  
2016/12 近藤准教授が、「PAPSP21 in 北大」で、寺本助教との共同研究を 発表しました。 発表タイトルは「ディラックコーンのヘキサゴナルワーピング に対する任意次数のハミルトニアンの導出」です。                                  
2016/06 近藤准教授の招待論文がacceptされました。 論文タイトルは「A Derivation of Aharonov-Casher Phase and Another Adiabatic Approximation for Pure Gauge under General Rashba Effects」でSPINに掲載予定です。                                  
2016/03 工学部の植村先生のGpと近藤准教授の共同研究論文が出版されました。 論文タイトルは「Transient analysis of oblique Hanle signals observed in GaAs」で JJAPに掲載されます。                             
2016/01 近藤准教授の論文がNew Journal of Physicsで出版されました。 論文タイトルは「Spin filter effects in an Aharonov Bohm ring
with double quantum dots under general Rashba spin-orbit interactions」です。