研究メンバー



伊藤 蓮
学部学生4年
Room No. 03-102-2
irteon_kooh_rikedaneis.hokudai.ac.jp
TEL  011-706-9425
FAX  011-706-9427

2017/07 公益財団法人ウシオ奨学金の奨学生に採択。
ウシオ財団奨学金の合格証書



物性理論とそのスピントロニクスへの応用
・Topological Spin Currents in Graphene Nanoribbons
・指導教員:近藤准教授

好きなこと:野球、映画鑑賞、旅行


1.R. Itoh* and K. Kondo: "A Revisit of Quantum Spin Hall Effect in Graphene",
The 17th RIES-HOKUDAI INTERNATIONAL SYMPOSIUM on 柔, Sapporo 2016/12/13-14.

2.伊藤 蓮*、近藤 憲治: "A Revisit of Quantum Spin Hall Effects in Graphene Nanoribbons",
半導体におけるスピン工学における基礎と応用PASPS 21, 北海道大学, 2016/12/12-13.

3.伊藤 蓮*、近藤 憲治: "グラフェンナノリボンと量子スピンホール相 ",
年 第64回応用物理学会春季学術講演会 , パシフィコ横浜(神奈川県横浜市), 2017/03/14-17.

4.R. Itoh* and K. Kondo: "Topological Spin Currents in Graphene Nanoribbons",
Spintech IX (International School and Conference), fukuoka internatinal center, 2017/06/04-08.

5.R. Itoh* and K. Kondo: "ディラック・コーンのヘキサゴナルな歪みの効果に対する任意次数の有効ハミルトニアンの導出",
第78回応用物理学会秋季学術講演会, 福岡国際会議場(福岡県), 2017/09/07.

6.R. Itoh* and K. Kondo: "Quantum Spin Hall Phase in Honeycomb Nanoribbons with Two Different Strengths of Spin-Orbit-Intteractions",
The 18th RIES-HOKUDAI International Symposium on 極, Sapporo, 2017/11/30-12/01.

7.伊藤 蓮*、近藤 憲治:"トポロジカル絶縁体超格子におけるフェルミアーク"
第65回応用物理学会春季学術講演会、17p-P10-9、早稲田大学、2018/03/17.
(論文奨励賞の最終選考に残りました!)

8.R. Itoh* and K. Kondo: "Fermi arcs for Weyl semimetals and line-node semimetals in topological insulator superlattice",
PASPS10 (10th International School and Conference on Physics and Applications of Spin Phenomena in Solids ), Johannes Kepler University, Linz, Austria, 2018/08/05-09.

・その他
PASPS10の集合写真




[TOP]

[所在地]
北海道大学電子科学研究所
ナノ構造物性研究分野
〒001-0020 札幌市北区北20条西10丁目